「アウトドア」から「インテリア」までオススメ情報まとめ

inoutdoor

トレッキング

”落ちたらやばい…まゆげだけは死守”の方におすすめ!プロに聞く、落ちにくいアイブロウはコレ!

汗をたくさんかく登山は眉毛消えがち…

汗をたくさんかく登山
運動量の多い登山。どうせ汗をたくさんかいて落ちるし、泊まりの場合はメイク落としも使えないし…「山ではメイクしない」という人も多いですよね。
しかし、メイクはあまりしなくても「描かないと麻呂…眉毛だけは絶対描きたい!」という方もいるのではないでしょうか。

眉毛はメイクの中でも顔の印象を大きく変えるパーツ。女子にとって眉毛が消えるということは死活問題です。
そんな思いとは裏腹に、汗や突然の雨、帽子やヘルメットによるこすれなど、登山中には眉毛が落ちる要素がたくさん。

落ちるのが怖いなら、濃くすればいいのでは?!

いやいや、これではまるでイ○ト…。そうではない、そうではないんです。
自然なのに落ちない眉毛…その方法が知りたいんです!

そんな時は…その道の”プロ”に教えてもらおう

今回この悩みに協力してくれたのは、ヘア&メイクの白川さん。
テレビや雑誌など業界の第一線で活躍する、プロのヘアメイクさんです!

ヘア&メイク 白川さん
テレビ局付きのヘアメイク事務所を経てフリーランスのヘアメイクに転向。
現在は広告、ドラマ、映画、雑誌、Liveなど幅広く活動中。

《主な作品》
NTV「頭に来てもアホとは戦うな!」
東海テレビ「リカ」
映画「四月は君の嘘」etc.

色々なシーンでのメイクを担当しているプロだからこそわかる、おすすめのアイテム&テクニックを教えてもらいます♡

白川さん推奨!落ちにくいアイブロウはコレ

①LB Cosmetics ペンシルアイブロウ
②エレガンス アイブロウ リクイッド
③MAKE UP FOREVER アクアブロウ

白川さんが太鼓判を押すアイブロウはこの3点。まずはそれぞれの特徴とおすすめポイントを紹介します。

①LB Cosmetics 3in1 アイブロウ


ドラックストアでも購入できるペンシルタイプのアイブロウ。「ペンシル+パウダー+ブラシ」がついた3in1で、苦手な人でも使いやすいタイプです。しっかり描いていても、ふんわりナチュラルに仕上がる1本です。

白川さん

発色が良く、芯が滑らかなので描きやすい1本です。パウダーとブラシが一体型になっているので、持ち運びにも便利ですね。

②エレガンス アイブロウ リクイッド


適度なコシと細さの筆で、極細ラインが描けるリキッドタイプのアイブロウ。1本1本が描きやすく、リキッドでも自然な眉に仕上げることが出来るアイテムです。

白川さん

リキッドはぼかしても輪郭が残ってしまうため、自然に仕上げるのには少しコツが。一本線でなぞって描くのではなく、本当の毛のように1本1本描くのがポイントです。

③MAKE UP FOREVER アクアブロウ


筆と一緒に使うリキッドタイプのアイブロウ。ドラックストアなどでは見かけない商品のため、使ったことがない人も多いのではないでしょうか?汗や水、熱にも強いウォータープルーフの眉墨です。

リキッド アイブロウ

白川さん

プロの方や美容学生が良く使っているメーカーのリキッド。量を調整しやすく、これ一つで濃くも薄くも描けるんです。ウォータープルーフで汗や水に強いので、汗をかく時季には重宝するかも。

白川さん

使う量を手の平に出し、筆で描いていきます。筆にはいろいろな形があるので、一番描きやすいもので大丈夫ですよ。

もちろん水にも強い!!


こちらの3点、水にも強いのが特徴。実際に水をたくさんかけてみましたが、茶色い液が垂れてくることもありませんでした。


特にウォータープルーフでもある②③のリキッドタイプはバッチリ!濡れた眉をタオルでおさえても落ちていません。
力を入れてゴシゴシこすったら、やっぱり多少消えてしまいますが…普通に汗をぬぐう分には問題ありません。

白川さん

リキッドタイプは液状なので落ちやすいように感じますが、普通のペンシルタイプより落ちにくいように思います。最初は描くコツが必要ですが、ぜひ使ってみて欲しいです♪

目からウロコ!これがヘアメイクさんのテクニック

おすすめの商品を教えてもらうだけじゃなく、こうなったら描き方も特別に教えてもらいましょう。落ちにくくする技術やコツも隠れているかもしれません…。
まずは基本の描き方からです。








《白川流・眉毛の基本の描き方》
①フェイスパウダーで皮脂を抑える
②③眉毛の毛並みを整えたら、眉尻をリキッドで一本一本描く
④ティッシュで余分な液体を取り除く
⑤ペンシルで埋めていき、形を整える
⑥最後にアイブロウパウダーを重ねる
⑦完成!!

落ちにくくするコツ①:パウダーは必ず!

眉毛にパウダー

白川さん

フェイスパウダーアイブロウパウダーでサンドすることで、より取れにくくなるんです。落ちにくい眉毛を作るためには、パウダーは必須ですね。
汗かきの人は皮脂吸着系のパウダーを選んでみるものおすすめです。

落ちにくくするコツ②:落ちやすい眉尻にはリキッドを

白川さん

眉尻など落ちたら困る箇所には、ベースにリキッドを仕込むのがおすすめ。このひと手間で、かなり落ちにくくなりますよ。

落ちにくくするコツ③:リキッドはしっかり乾かしましょう

白川さん

落ちにくいリキッドタイプのアイブロウですが、しっかり乾かす前に汗をかいたりこすってしまうと、逆にすぐに落ちてしまうので注意!使う場合はしっかり乾かしてくださいね。

▼眉毛の描き方を動画でもチェック!

たかがまゆげ、されどまゆげ。女子にとっては大事なんです


どうせ落ちちゃうし…と半ばあきらめていた登山中の眉毛。アイテムの選び方だけじゃなく描き方にもプロならではのテクニックが隠されていました。
特にリキッドタイプのアイブロウは挑戦したことがなかったので、この機会に挑戦してみようと思います。

たかが眉毛一つでここまで頑張る、それが女子ですよね。いっつも落ちちゃってた…と悩んでいた登山女子のみなさま、ぜひ試してみてくださいね♡

写真撮影:結束智之

今回おすすめしてもらったアイテム

①LB Cosmetics 3in1 アイブロウ

ITEM



LB Cosmetics 3in1 アイブロウ
カラー:ライトブラウン、ブラウン、ナチュラルブラウン
内容量:ペンシル0.1g、パウダー0.4g
パッケージサイズ(cm):D0.9×W0.9×H14.8

<!--

-->

エレガンス アイブロウ リクイッド




-トレッキング

Copyright© inoutdoor , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.