「アウトドア」を中心にオススメ情報まとめ

inoutdoor

キャンプ

【早いもの勝ち】トヨトミの武骨ストーブ「ギアミッション」に2020限定エディションが登場!

人気が続く「ギアミッション」シリーズ

出典:トヨトミ

昨年の発売から、大人気が続いているトヨトミの「ギアミッション」シリーズ。トヨトミ製の確かな実力に加え、タフな印象のオリーブカラーが支持されています。アウトドアでも使える石油ストーブとして、すでに定番になりつつありますよね。

そんなギアミッションからこのたび、2020年の限定モデルがリリースされます。

限定カラーは待望のコヨーテ


こちらが「GEAR MISSION 2020限定エディション」。新色としてコヨーテが採用されました。昨年リリースされたギアミッションシリーズはオリーブだったので、ミリタリーテイストを踏襲した順当な展開だと言えるでしょう。

武骨なカラーが好みであり、かつオリーブよりもコヨーテが好みのキャンパーには、待ちかねた新色です。

ベースは高出力のラウンドタイプ


ギアミッションシリーズでは3つのモデルが展開されていますが、ベースとなるデザインはそのうちの一つである、ラウンドタイプです。

芯が摩耗しても火力を回復する機能や、転倒してもタンクの灯油がこぼれにくい構造など、「さすがトヨトミ」な実力を有しています。そしてラウンドタイプの最大の特長といえば、パワフルな暖房出力!

一般的な石油ストーブに比べると、暖房出力は2~3台分。コンクリートなら24畳、木造なら17畳のスペースに対応します。真冬の激寒キャンプでも頼りになる、大火力の石油ストーブなんです。

風が強くて焚き火ができなくても、薪ストーブをインストールできるシェルターでなくても、キャンプサイトに強力な暖房を導入することができますね。

インドアでもお洒落に決まる!


ギアミッションシリーズは、インドアとアウトドアの垣根を越える石油ストープ。自宅のリビングやガレージでも、お洒落に存在感を発揮します。

特にリビングで使いたい場合、オリーブでは印象が武骨すぎるという家庭も多かったと思いますが、コヨーテの2020年エディションは白い壁にもぴったりです。

エアコンや都市ガスのストーブと違って、自由に移動させられるのも大きなメリット。重量は約11kgと、見た目よりは重くありません。もちろんこれに灯油の重量が加わりますが、力の弱い方でもそれほど無理なく持ち運ぶことができるでしょう。

暖めたい場所に気軽に設置できるので、ひと通り暖房の揃っている家庭でも、何かと重宝します。

寒くなる前に決断を


昨年のギアミッション発売当初は、この記事のような情報が出回る頃には、完売していた記憶があります。冬のアウトドア系ギア、特に人気のあるギアは、寒くなってくる頃には売り切れていることが多いんですよね。

待望の新色をまとった2020限定エディション、注文が殺到することが予想されます。まだまだ暑い日もある今日この頃ですが、キャンプでの暖房をどうするか、ぼちぼち決断の時です。

2020年限定モデルの詳細・購入はこちら

既存のギアミッションシリーズも要チェック!

出典:トヨトミ

2019年に登場した既存のギアミッションシリーズ。今年暖房機器を新調しようと考えている方は、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

ITEM



トヨトミ RR-GE25(G)
●サイズ:高さ48X幅38.8X奥行き38.8cm
●質量:約6.2Kg

<!--

-->

ITEM



トヨトミ KS-GE67(G)
●サイズ:高さ58.3X幅48.2X奥行き48.2cm  
●質量:11Kg

<!--

-->

ITEM



トヨトミ RS-GE23(G)
●サイズ:高さ44.6X幅42.2X奥行き33cm
●質量:約6.6Kg

<!--

-->

 

Source: CAMP HACK




-キャンプ

Copyright© inoutdoor , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.